おはよう

挨拶 CEO

亀の湯

a.k.a 竜宮城

桃栗三年亀万年とは言いますが(柿八年だろーッ! て突っ込むのがコロコロコミックの鉄板だった平成も終わろうとしているsome day…)

まだまだ駅近にあるものですね、今宵は蕨は亀の湯に行ってまいりました。訪浴:3/12/2019

f:id:monj:20190313023901j:image

大きくてレトロ素敵な外観!期待値高めに門をくぐる。

f:id:monj:20190314145547j:image

フロントに感じのいいおばちゃん(いい感じの、というとぼくの性癖になってしまうので御配慮ください)が鎮座しており「9時までですけど大丈夫ですか〜」「チャチャっと浴びちゃうんでお願いします あっ貸しタオル」「10円だから440円ね、靴箱、これがロッカーの鍵」と小気味いい会話を繰り熟して、靴箱の鍵と引き換えに貸し出しのロッカーキーを預かってぺぺっと浴場へ向かう。ロビーも広くて新しい清潔感漂う空間だ。

間も無く閉店だというのに、人が多く混み合っている。住宅街の中にあるがこの辺の人たちの憩いの場になっているのであろうか。

浴場もとってもきれいだ。

フジの絵とかではなく新しい花々の絵。カランは多く並んでいて、大きな浴槽が1つ。なんか中央にタマがある。タマからお湯が吹き出ている。コンセプトのわからないオブジェ。そしてフロには色々なジャグジーがくっついている。人が多いのはこういったところが理由だろうか、手軽にこれるスパ的な。めいんの浴槽の他にはサウナとその前に水風呂。サウナの注意書きを読むと、専用のタオル、という記載がありシステムをよく知らず入ってきてしまったために躊躇し今回は自粛。広い浴槽のいくつかのジャグジーを楽しむことにする。ジェットバスはひどく強力!背中の肉が削られるような錯覚を覚えるほどでその攻撃範囲は広い。四方からの超音波ジェット?に巻かれるやつもある。これもなかなかの衝撃だった。あとは電気風呂と簡単なバイブラバス。

温度はザ・適温。ぬるすぎもせず熱すぎもせずけれどもやや熱い、家のお風呂のような(各家庭に依るが)。初春の風呂、いいわぁ〜〜

それでも長く入っていれば、体は赤くなるほど火照ってくるし、水風呂も利用した。温度計では12〜14℃らへんを指し示していたが体感は17,18℃くらいではなかろうか。個人的にはベストな水温のように感じた。そしてまた白湯へドボン!!!!キマるね

鏡が八角形なのは亀に由来してかと思ったけれども見事に六角形でした。

f:id:monj:20190318011917j:image

 

そこまで長居はできなかったが、ゆったりとした時間が流れる。はあ、日々の疲れが溶け出してメッシュ地の俺を突き抜けていくようだ・・・・

・・・日が経ってしまったけど、久しぶりの癒しでした。そんな感じです

 

亀の湯

蕨駅から徒歩15分くらい?

f:id:monj:20190318011619j:image

f:id:monj:20190318011740j:image

 

 

あいるびーばっく 必ずや

朝日湯

経年劣化、それはCOMMUOVERE

イタリア語で「涙ぐむような物語にふれたとき、感動して胸が熱くなる」ことを表すらしいんですけど。今宵も(いうても夕方くらい)素晴らしき銭湯に行ってきた。訪浴:2/23/2019

f:id:monj:20190223203155j:image

魔都市熊谷。ここはおれが青き日々を過ごし、人格形成にも大いに役立ったはずの高等学校が位置する場所である。これ、前も言ったっけ? 本日10周年の高校同窓会がひらかれるというので久しぶりに電車で降り立った(去年銭湯にきたのは車で弾丸だったのだ!)せっかくだからと帰りに寄ってみたわけである。熊谷の銭湯はこれでコンプリート!やったね! 駅からは遠めで、徒歩だと15〜20くらい掛かるだろうか。熊谷のシンボル、立って100年を超えるという八木橋の横の道を数分歩いていったところに朝日湯はある。

f:id:monj:20190223202539j:image

屹立したいい煙突です。入り口から男湯女湯が別れていて、引き戸を開けると番台のおばちゃんがいる。タオルを持ってきていなかったのでお願いすると貸しタオルは無料、そこにあるシャンプーと石鹸は使っていいよとのことで入浴料は430円のみだった。え、何、めっちゃ良心的!脱衣所は広い。そして女湯と隔てる壁の低さよ。若干入った時に番台越しに若い女子-onago-の頭頂部が見えた、気がした。絨毯が敷いてあったり、石油ストーブの前で親子が向かい合って話していたり、なんだこの実家に帰ってきたような家庭的な雰囲気は!と気圧されそうになりつつ服を脱ぎ捨てお風呂の方へ入室of入室。まず戸の取っ手がガムテープで作った感じとか凄い!!偉いよ!優しいよ!褒めて伸びるタイプだったら天まで届いちゃうだろうな煙突の先っちょは。それほどまで褒めちゃうわ。感動の嵐が既に巻き起こっている!

そして静寂ゥ!!!!!!おれは漸く、たった430円で天国に来てしまったみたいだ。天国へは階段を使用とのこと、というのは楽器屋で試奏してる人達から教えられた気がするのに・・・異様な静寂である。というのも既に浴場には誰もいなかったからだろうが、風呂桶がタイルにあたる音、話し声の風呂エコー、湯気、これがないと銭湯はお湯だけのある空間、伽藍堂だ。人のいない銭湯は当たり前に静かに佇み、経年劣化で剥がれたペンキ絵、剥き出しの排水管、昭和の名残が寂しくこびりついている。心地よい優しい悲鳴が聞こえてくるような。平成もいつのまにか終わろうとしてるし。

埼玉の銭湯もこれまで沢山回ってきた、東京も、そのほかの県であっても何かしら理由をつけて入ってきたけど、この朝日湯の物悲しさ(勿論いい意味、たまたま客もいなかったから)は群を抜いている。完全に昭和が残してくれた名遺産っすわ!!!おすすめ度はピカイチ☆☆☆☆☆星5つ!絶対に味わうべき逸品です。

カランのラインは4列あるが、中の2ラインは塞がれてしまっている。浴槽は2つ。1つは深く座れ、もう1つは浅く噴出ジャグジーがついている。上記ひどい書き方をしてしまったようだけど、お湯は温度も質感も良好! 塀の向こう側の女湯にも本当に誰もいなかったようで自分のハァ〜〜って声すらこだましていて不思議な感覚だった

それと貸出シャンプーの容器はメリットだけど中身は例のトニックシャンプーという嬉しい誤算もある。

風呂から出て風を浴びながら体拭いてたら、おばちゃんにドライヤーかけたら?と声をかけていただいて何、この優しさ!と更に感動を覚えた。来たお客さんとも親しげに話している、好印象甚だしい。そしてわたしも出掛けで話しかけてもらった。何でここ来たの?から始まって、熊谷の他の銭湯のこと、大変で休みを増やしたこと、老朽化のため建物が傾き始めていること、三、四年のうちには廃業するかも的なこと。次来た時にはないかもねと笑顔で語る何ともあったかいおばちゃんの話。

経年劣化したお風呂の内装にはそれなりのストーリーがある。銭湯が隆盛した時代もあったけれど今や一家にお風呂がついてる時代なわけで。脱衣所に貼られた「銭湯賛歌」を思い出す。家の風呂はお湯をただ浴びるためだけであって、銭湯は昔っから人と語らったりマナーを学ぶ場所だったのよね〜〜なんておもうと、こういう施設が声もなく無くなってしまうのには一抹の寂しさやこれからの憂いすら感じる。改修するお金だって、況してや労働力も不足しているし畳むわけよな。いや、銭湯なにからなにまで優しすぎっしょ昨今無くなっている話をよく耳にするけども激しい断末魔なんて一度も聞いたことないよ・・・

とかとか。めちゃめちゃ熱いものが込み上げてしまって、敵わなかった。おばちゃん、貴重な話ありがとね!

必ず潰れる前にもう一度来よう。友人も連れてこよう。来てもらおう。知らない人にも来てもらおう。フェス会場にしてーよ。それくらいの価値は必ずある、筆者激推しのハートフルハードコア銭湯だ☆☆☆☆☆☆☆星7つ!・・・というわけだから絶対来て!行って!この世のノスタルジー全て置いてきた!平成のうちに、まじ超おすすめっす!!!(こんな執拗に推薦したことはこれまであったかな?)

きっとあの愛想の良さでピークタイムには地元の人で賑わうのだろう。最近高齢のため週3休みになったみたいです、大丈夫なのかなあ

 

朝日湯

f:id:monj:20190224013024j:image
〒360-0815
熊谷市本石1-332
3:30 PM〜9:00 PM 水、木、日やすみ

 

 

ここ、一番街、だと・・・?

Get up kidsばりの2年3組クサ井エモ美さん!「ハイ!」ですわ

f:id:monj:20190224012041j:image

f:id:monj:20190224012059j:image

 

 

いやー。熱くなりすぎて想いの捌け口に困ったためか、この後高校の頃行ってた楽器屋さんでサイレントギター(ずっと欲しているやつ。ただし今回はARIA)試奏しちゃったよ

 

以上、最高の同窓会に最高の湯旅を添えてお届け致しました。ご拝読エンドリケリエンドリケリ

或る話iii

おはよう

 

書きたいことがあるときになんか書けなくて、記憶は風化してしまうな

一期一会のハローグッバイだ

じぶん

画鋲のような形状になって、突き刺さって、そのままで、まるごと雨風に曝されて

saraçaと地面を繋ぎ止めたまま

錆びたい

思想も残らなくて

叫びたくなくもなくもない

 

 

 

 

今日はスーパームーン

曇天のなか近くに来たそれに乗っかる

 

乗っかってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また!最近の話

  • コンバージの来日逃してガチ泣き;大好きなのに・・・・情弱だ!なぜみんなチケット取れるの 把握できるの
  • カナダグース着てる大学生的な子まじで何
  • 駐車場の中に閉じ込められて車でミニキャンプした⇨ 暇すぎて友人と論理的思考を問う問題をやってたけど、明け方冴え渡り過ぎた(サイコパス伊達じゃない!)
  • 新生活は紆余曲折ありつつも順調だとおれは思っている でも何もしていないで1日が過ぎるし、銭湯になかなか行けない〜〜〜〜〜〜

 

 

f:id:monj:20190219225742j:image

じっかのねこ。以上

雛の湯

One お湯 On You

f:id:monj:20190208001929j:image

今年一発目行ってみよう!

訪浴2/3/2019

 

この日伺ったのは、岩槻市にあります雛の湯。毎度言っていて申し訳なくなる語彙力なのだが、最強に極限に無駄を削ぎ落としたシンプルな潔銭湯(いさぎよせんとう)。

看板もなく産業道路の前に位置して目印はやはり、煙突。前にランドリーがあり道から奥まって車が二台停められる程の省スペースな佇まいである。

 

入ると、広めのロビー。フロントから愛想の良いおばちゃんが声をかけてくれる。代金払うと鍵が貸し出される。ちなみに貸しタオルはないようで2、300円くらいで買わされる。浴室に石鹸類もないので持ってない人はここで要buy。

脱衣所は中々広め、浴室の方も明るい。日曜の3じ過ぎくらいだったが(だったから?)、驚くほど混んでいた。壁の向こうの女湯からは楽しそうな談話が聞こえる。お年を召された声のゲイン感、だいぶ歪んで笑っている。

さあ、浴場に入ると驚くべき光景! なんと湯船が1つなのだ。壁の絵もない。ザッツシンプルです。

f:id:monj:20190208005504j:image

毎日日替わりの薬湯なのだろうか。この日はピンク色のお湯。匂いはあまりしない心象であったが、からだがめちゃめちゃぽかぽかあったまる。入っている人みんな顔が赤い・・・。

寸分にもれずおれも、めっちゃくちゃあったまった!温浴効果っていうのは確かにある、お湯自体は全く熱いって感じではなくむしろ適温きもちいくらいだった。鳥のヒナになったよう。おゆがのっかってくるよう。ぽっかぽっか。冷水を浴び再度入るのも最高だったが意外にあったまったのでトロンとなってしまい、滞在時間そこそこに切り上げた。周りの方たちもこんな感じで、回転率よさそうだ!

バイブラや腰ジェットバスがあったり、先程も述べたよう薬湯であったり、1つの浴槽だが工夫が凝らされている。

 

ちなみに上がっても瓶牛乳はなかった。この日に限ってなのかは知らない。自分はアクエリアスを飲もうって即決だった。

気温が低い日は、銭湯から上がると妙にファミレスでタバコをふかしながらポテトとかつまみたいと思う。異常なほどの想像のしやすさ。実現可能性が最も高い幸せを人間は欲するのだろうね。

 

雛の湯

f:id:monj:20190208010634j:image

定休日月

営業時間15:30~20:30

近くにジャンボがある

 

 

久しぶりだからさっぱりと。以上!

あけましておはよう

ございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:monj:20190109011844j:image

さむいね

 

 

 

鹿島湯2

新年一発目からとうとう禁忌としていた二回目を書き始めてしまう勢い。

いいえ、それはしません。今日の鹿島湯の薬湯はサクラでした。以上!

 

新居。自分は住み始めましたが、彼女は三連休明けからぼちぼち移住し始めるとのことで。ジム寄って飲んで帰って、一人にしては大きすぎる部屋・・・物もなく無機質〜〜

にしてもいいですね、恥ずかしながらこの歳まで実家に寄生していた身なので、炊事洗濯、残りの一週間は一人暮らしの雰囲気を味わい尽くす所存でおります。

正月に早速帰ったらもうベッド処分されていたし。生ゴミ捨てるのより早くて驚きました。月一で飼い猫をお風呂に入れるために帰還命令まで出されて、可愛い息子をなんだと思ってるんですかね。

 

思えば、ここひと月くらいは物件選びやら引っ越しやら家具選び〜など怒涛であっという間でしたが、音楽も聴かず何をするでもなく、おれは一体何をしていたんだろう、はて?と、時間が消し飛んでいるような錯覚さえ覚えて、そんなこと友人と話しながら思いました。

音楽聴いてすらないのって結構異常事態なんだよね。パッと出てこいよ最近聞いてるバンドくらい〜〜!

しかもこの物件、楽器禁止なんですよ。いや最近ひいてなかったし持ってくつもりもなかったからいいのだけど、いいと思っていたのだけれど、弾くなって言われると弾きたくなるのがENTPの性ってもんですよね(関係ない?) だから誰かナイロン弦のサイレントギター買ってください。前澤くらい太っ腹なバイブスで。立派な社会人なんだからそれくらい。趣味が無くなってしまう!

ぼくはそれで曲を作りますよ。ハードコア大喜利しますよ。あいみょんみたいな前髪になる覚悟だってできてるんだ。

f:id:monj:20190109011502j:image

ベッドの中で打ってみましたが切れ味ゆるめでしょうか。ふたカバー小せえし

明日はぽっちゃりヘルス行こうかな

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご多幸を願って

或る話 2018

あゝ今年も

年の瀬って唐突に襲いかかってくるものだと。去年の今頃は身も心もフィリピンと融け合い始めた頃合いだというのに幾許して帰国して就職してそつなく日々を過ごしてくうちに、たった一年でここまで忘れられるかってほどに心のフックは腐って剥がれ落ちてしまったみたいでふとした感傷すら街の匂いすら思い出せないでいる。感受性すら若くなくなってしまって悲しい。ただ、毎年の恒例行事の如く、今年もいろいろあったなあ〜〜なんて一丁前に形から振り返ってみると本当にいろいろあったみたいでとりあえずなんだかんだで毎年、それこそ当たり前のようにほっと胸を撫で下ろすのだ。こうして備忘録のように、話し相手のいない老人が野良猫に話しかけるように、聾唖のリハビリのように、ぼくが恙無く語り、綴っている断片的な日常を見返してみることはぼくにとって大いに役立っているみたいだ。(偶に銭湯に行きたい衝動に駆られた時の選択材料になっている用途は確かにある) かきたい時になかなか描き切れなかったもの、飲み込んでしまった言葉は確かにあって、くしゃくしゃに丸められてぼくの脳の隅っこの方に投げ捨てられている。それを手で掬い上げて広げてみると、朧げで、不安定な記憶、インクが色褪せてしまって筆圧が、ペンの先が削った爪跡だけで読める昔の寄せ書きの色紙のような何かだという事だけ。まだインクの染料が飛んでしまうまえに、ここに残しておくことは有用に思える。

こうして眠りに落ちるのを待つように白色の光源を見つめ、果たしてぼくは何を描き出すのでしょうか。居心地のいいブログにするために、破壊破壊を繰り返していこう。翌朝恥ずかしくなってくしゃくしゃに丸めて投げ飛ばすのは想像に難くないが、何せ年末なものだからそんな想像も、気管支につないで、吐き出す、同時に排出しちゃうわけだ、母さん、ぼくの前世はアロマディフューザーだったのかもしれない。ぼくの持ち合わせの覚悟なんてのは両ポケットに入っているほんの僅かな小銭に絡みつく糸くず程度のものだ!これも、いつものアップみたいなもの。身躯を温めるi thinkー------見てる人にとっちゃあいつもの、書くけど許してね(卑下と言い訳程度)の前置き なんざどうだっていいんだよな、皆アロマディフューザーなんだから 

余熱で よねつでいこうぜ

 

もにフェスの話

久しぶりに楽しかった出来事のようにおもえる。実に人間的な1日を過ごしたような実感があった、会話をしたりした。そもそも学生じゃなくなった瞬間から楽器・バンド練習はリハビリへと姿を変え、非連続性を体現してきたつもりだ。ぼちぼちと続けてきたもにフェスで感性をそれとなく更新しながら、それでも今回は2年近くブランクを空けてのライブになった。多分それも個人的には良かったのだ。※もにフェスというのは自分運営のサークルOBライブ

今回のライブは同期の友人が取り仕切ってくれたし、出る枠に関しても激情やりたい後輩が声をかけてくれたためにびっくりするくらいフラットな環境で出れることになった(結局ぼくはenvyを歌った)。出来ることと言ったらただ楽しむだけだった。現役学生の子まで出てくれて、もにフェスの認知度や利用率に関しては驚きで、喜びも一入。かくいう発起人のおれは誰ですか?程度のawarenessで、綴りの通り哀れで情けねーすて感じだった。バチバチのライブで、音楽活動に対してというより生きてく気力や刺激をもらえたような気がした。年増の大多数は練習もしてないし忘れてるし体はすぐ疲れるしでリハビリ感否めなかったけどよく頑張っていて皆、まじ良かった。企画自体はゆるくやってるから比較して卑下したり恥ずかしがったりせずまた出てほしいしおれも気後れせずに出たい、ああいう場で久しぶりに旧友と会えたことが何より幸せだった。

構想中であるが、温泉旅宴会場企画に路線変更してお送りしていこうかなんて企みがある。

 

ジム通いの話

ことしはさりげなくジム通いを始めていた。体が資本というので自分もそろそろ人間年齢に例えると初老を迎えることから思い立った。きっかけは職場の同僚の些細な一言で、その日のうちに職場最寄りのジムの会員登録と半年分の入金を済ませた。風の日も雨の日も週4〜5は必ず赴き、正攻法かは定かではないが生活の習慣に組み込んだ。ルーティン;今は全く苦ではないどころか行かないと少しだけモヤッとする。しかし、強迫観念もないし取り憑かれているというわけではない。基本的に自己愛に欠けているのもあって鏡を見てナルチズムに浸っている人を見ると眉をひそめてしまうのは変わらない。筋肉のことは聞く事はあっても自発的に語り出す事はないので安心してほしい。

そろそろ始めて5ヶ月経つ、目立った進化はないけれど体重は8キロくらい増えた。もっと食べないととも思うが、生活は何事も満足しているぐらいがちょうど良いので過度の節制や無理はしない。美味しいものを美味しく食べたいのがホモ・サピエンスとしてのSAGAだ。

でも、生まれてこのかたコツコツと時間をかけて何かを頑張った事はなかったなーと改めて思ったのは確かであった。お風呂に入る前に体を見ると、やったらやった分だけ、これは熱心なトレーニーが誘い文句に使うようなアレで恐縮なのだが、過程が如実に結果として出る。これは本当に嬉しいことで、コツコツの大切さをこの歳になって漸く知れたわけだ。てな感じで頑張ろうという気は満々。せっかくなので仮に今後バンド活動等行う時はもっとフィジカルなステージングを心掛けたい。

 

転職の話

ことし、定職についた。転職の年だった。考えることはまだまだいっぱい。

勤め先すら社外秘のミステリアスな業種である。

 

転居の話

ことし末、パートナーと同棲というかたちで転居した。まださいたま県内にいるものの南下。決め手はSAKEROCKだったので星野源には全感謝のうちの1/5は進呈したいと考えている。自分をよく知る人たちからは、やっとかよ!!とか同棲?!とか言われそうだけど、まあそんな感じ。なかなかいいところです。ようやく家具家電が揃い始めたので年明け仕事始めくらいからちゃんとした生活を営んで行きたい。遊びに来てね!

 

御礼

今年もお世話になりました。

来年も何卒

f:id:monj:20181231193414j:image

さくら湯

極北の極上ぬる湯

f:id:monj:20181206001053j:image

世界には(とりわけここ日本には)多くの者を妙してやまないカンファタボォな場所(いわゆるプレイス)がある。

それがOFURO

こんな調子でやっていたかは心許ないけれど、埼玉のそれに浸かってきたので今宵もまたご紹介しよう。訪浴2018/11/27

 

今回訪れたのは県北に位置する熊谷。以前にもきたことがある、銭湯巡りと銘打ち足を踏み入れるのはこれで2回目だ。その時の記事っすね、めっちゃ熱かったことは覚えている

見晴湯 - おはよう

 

今回訪れた桜湯はガチンコ駅の目の前でフラーと立ち寄れる利便性ゴリゴリの立地だ。22:30までの営業も有難い!大通りから少しだけ横に入り、周囲は駅前だけどギラギラしてるわけでもなく美味しそうな飲み屋や、チェーンの居酒屋とかパチンコ屋がたまにあるよなノスタルジックな装いである。こちらの銭湯もそれに馴染んでか、影響を染みらせ及ばせてなのか然るべきして屹立している。入り口から男湯と女湯に分かれとる!!!あああ!これは期待できるぞい。 カラカラカラと戸を開けると、想像よりも少し高い位置の番頭から気の優しそうなおじさんがこちらを見下ろしている。

430円!それに合わせて花王ホワイトミニを買ってやった!

 

立地もあってか、建物自体はでかいものではなく、浴場もコンパクトに小ぶりな感じだ。カランは三列あったっけ。

男湯の入って右側奥手前に薬湯があり左に向かってスタンダード湯、一番左にマッサージ座湯がある。どれも温度はいい感じのぬるさ!人によっては正真正銘の適温だろう!(そりゃそうだ) ぐわ〜っという感じではないものの入っているとじわじわ汗をかいてくる。夏の熊谷の暑さを考慮してなのか?緑色の薬湯に関しては癒し効果抜群すぎて死にそうになった。あっ!いまさらですがぬる湯はぬるぬる湯のことではなく温度のことです!絶妙〜!!!

大体シャワーやカランの温度に湯の温度は比例してる気がする。風呂釜は風呂釜で薪で焚いたりしてるのかもしれないしまともに調べてないけれど、、なんとなく体感。あんまこれで裏切られたことはない。

 

今回はたまに風呂に行きたくなると声をかける友人とはるばるやって来た。彼はいつも自分より早く服を脱ぎ、いつのまにか浴場内の風呂椅子に腰掛け、モッコモコでフッワフワの泡に包まれている。あの泡の量は一体なんだ?ずっと気になってはいたけど訊くまでもないかと心の奥底に幽閉していた感情を彼にぶつけてみることにした。 この日の石鹸のオーナーはぼくであったので、彼は入ったもののなす術もなく鏡と向かい合い真っ直ぐな姿勢でそこにただ鎮座していた。一たび石鹸を手にすると、即座に彼は白いもこもこの中へと消えていったーーーー・・・

※どうやら石鹸をそのまま髪の毛に擦り付け泡立てて全身に回しているらしい。考えれば道理はわかるのだが…

 

ノスタルジックな感傷!絶望とまでいかないけれどそれよりもずっと儚いかんじ!ぬるいお風呂と秋の終わりの気温はおれの輪郭をはっきりさせる!凛とした鼻の穴! 高校時代通学に使っていたこの駅ももう10年も経てばすっかり変わってしまったようだった。東京が近いせいもあるのだろう、地方都市のハブ駅にも満たない様相で、駅前は寂しく賑わっている。あれ??こんな場末な感じだったか? 

パチンコ屋の親切な喫煙所でタバコを燻らしながら、出てくる店員の垢抜けなさを吐息で吹き飛ばせればよかった!

 

桜湯

f:id:monj:20181206201931j:image

浴場所在地 熊谷市筑波3-98-1
開店 3:30 PM
閉店 10:30 PM
週休日 月

f:id:monj:20181206202033j:image

現場からは以上でーす!