おはよう

挨拶 CEO

さくら湯

極北の極上ぬる湯 世界には(とりわけここ日本には)多くの者を妙してやまないカンファタボォな場所(いわゆるプレイス)がある。 それがOFURO こんな調子でやっていたかは心許ないけれど、埼玉のそれに浸かってきたので今宵もまたご紹介しよう。訪浴2018/11…

或る話ii

お久方ぶりでございます。 文章書き溜めたりしてるんですが、発表することに躊躇したりで更新滞ってすみません。気にかけて開いたりしてくれている方がいるとしたらそんなに嬉しいことはないです。有難う。それらは溜めたままに、ふと今日思ったこと、衝動的…

或る話

銭湯に行けてない。その理由といえば家路途中の駅近銭湯に行き尽してしまったこと、終わる時間が早いことに尽きるのだけれど、いつの間にやらぼくは銭湯記事を適度に書かなければいけないという強迫観念に縛られて記事を更新出来ない体になってしまっていた…

たったこれだけ!記憶力を上げ、英語が話せるようになり、人見知りを克服し、社会的に成功したけど、人糞踏んじゃったひと・5選

SEO対策バッチリのクソタイトルですね。 ごっついスキルが会得できそうな甘い文句のタイトルが目を引きますが、紹介してるのはただの人糞を踏んでしまったひとです! それでは行ってみましょう! 一人目・アイフォンマスター 秀夫 新しいもの好きの秀夫は社…

見晴湯

アツいぞ!灼熱地帯に沸き立つマグマ ご無沙汰してます。久しぶりの銭湯記事、今回もあっさりになってしまいますがどうぞよろしくお願いいたします。訪浴2018/09/30 沖縄民も恐怖したというゴリッゴリの台風チャーミーが近づいているという日に、友人の車で…

There is no reply, but sweet wind blew. - lang

//////// 注意!銭湯じゃないレビュー記事です //////// センチメンタルなフラストレーションを吐き出すバンドがある。 一見並列することのない、綯い交じる単語同士がぶつかり合うくせに質量を変えずにこっちに飛んでくるものだから困ってしまう!東京の地…

ニュー松の湯

これぞネオ公衆浴場!露天あっと住宅街 ちょっとネーミングが雑ですみません、いきなり話は逸れますが生活に新習慣を組み込んだもので埼玉の公衆浴場巡りの頻度が落ちそうで、スーパー銭湯や遠征、過去レビュー銭湯を再訪したりとうまいこと禁断症状に陥らぬ…

鹿島湯

静けさの中に灯る最大火力のともし火銭湯 日がな一日とても涼しかった。個人的にすごく精神的につかれた1週間だったので、これは神様のくれた週末のご褒美かと感じた。カラッとした陽気に、呼吸をむつかしくする風、欠けた月にかかる雲、肌寒いくらいの夜に…

本当にあった平成の怖い話

梅雨が明けるのも早くて連日猛暑が続いていたと思いきや最近意外に暑くないなーもしかしてもう山場超えた?平成最後の夏ももう終わってしまう??と思ったので、平成生まれの僕が体験した間違いなく平成に起きた怖い話を今のうちに話しておこうと思います。…

みたけ湯

潔く粋で、赤外線照射の湯 銭湯、そしていま、肌、プリプリ。なんでだ? 訪浴08/03/2018 京浜東北線の終点にもなってしまう南浦和駅を下車し徒歩10分程度、もう少しかかるかもしれない。たぶん栄えていない口の方で、想像以上にかなりひっそりとした駅前、そ…

天徳湯

江戸前風呂とラドン浴に時間は消し飛ばされて 眼鏡の修理に都内まで出て、そのついでに埼玉銭湯。今回の場所は与野駅前。新都心からも徒歩圏内なので、ライブや買い物ついでに寄ってもいいかもしれない。訪浴07/14/2018 スーパー銭湯というのは今やsupermark…

For Respect - Don Caballero

おはようございます。 ちょっと、大好きな埼玉の銭湯に行けていないので(と言っても都内の銭湯やスー銭には友人等と行っています)、閑話休題といいますか!ちょっとだけおやすみをしつつ・・・自分は、自分の趣味の中でもほんのちょっとだけ抜きん出て音楽…

青木湯

静謐に佇む遺跡のような 銭湯、入ってきました。色々なことにつかれてしまった〜ふえ〜!そんな仕事終わりの訪浴06/29/2018 場所は川口:東京からの入り口なので県民であれば、いやそうでなくとも仕事終わりに軽い気持ちでいけるでしょう。前から好きな場所…

若松湯

湯、マーブルに溶け出す 11月の匂いがした。それはおれの記憶の中だけでの話だけど、ガツンと強くて甘い果実の匂い! そういえば、秋から寒い冬に替わる11月も、夜が明ける手前の空の色も、江戸から迎えた明治の初めも、赤色と青色の血管も、ぐちゃぐちゃに…

サン光湯

戸田です ウルトラギャラクシー大銭湯の逆襲 安易なタイトルをつけたようだがネタ切れでは決してない・・・と思う。1週間に2回キメちゃうとブログ更新がなかなか辛く、文章、竜頭蛇尾になっているかもしれないが、そこは読者方各々で、盛り上がりやクライマ…

喜楽湯

埼玉の黎明期を彩るdopeでswagな銭湯 おれにもびっくりしていることがある。自分の高校の友人が熱海で土産物屋を立ち上げ、京都のサウナの梅湯の店長さんやアパレル店さん等々と、いろんな企画を打ってすっごい楽しそうにしているのをたまにSNS上で見かける…

いわつき温泉ジャンボ

ジャンボ!(挨拶) 自称最強も頷けるオモテナシレトロ銭湯 一週間に一回行けているなんて我ながらすごいと感心している。雨だったので露天は気分的に萎え、公共銭湯に切り替え検索、名前に惹かれレッツ訪浴。06/10/2018 まずご覧いただきたい、門構えから圧…

蔵の湯 鶴ヶ島店

埼玉銭湯巡り編 a.k.a 地獄変では、とうとうスーパーな銭湯記事を解禁!これまでおれが生を受けてから行った場所は数知れぬが、今日からここから、つけはじめたいとおもう。温泉成分等は勉強中で、写真も少なめ、質素なレビューである事には、これまで以上に…

働きたくないなあ④

記事ごと消えちゃった・・・お風呂についてではなく、社会投企した身として「実存主義」について、長らくひたすら、珍しくPCから書いていたのに・・ 職場の人と映画観に行ったら見事に終電を逃して大宮から徒歩で帰っているとこ。到着は5時頃を予定しており…

おきな湯

陽気な翁「Yo!浮きな!起きな!」 日本激情めぐり二種類の薬湯、そしてサウナ 車で友人と、自分のわがままでスーパー銭湯ではなく街銭湯を探し、ふじみ野市へ。2018/5/27訪浴 上福岡駅が最寄りということだけれど今回は車なので所要時間も、何線であるかす…

稲荷湯

どんな感じで書いてたっけ・・・ アメリカで過ごした少年時代を思い出すイカした檜の湯 仕事終わりに今日こそ銭湯に行こう!と心に決めていた。職場の最寄りのとこキメたかったけれど、埼玉でバチバチやろうと途中下車。訪浴2018/05/18 JR高崎線・浦和駅から…

日進湯

出汁スープ香る街中の銭湯 ハローワークに就職の申告をしたついでに一発かました。2018/5/2訪浴 最寄りはJR大宮駅。西口から歩いて10分くらいで着けそうな具合の、意外にメジャー駅近な銭湯。大宮は割とラーメン屋がひしめきあってるような印象があったけど…

働きたくないなあ③

いえあ 仕事をせず、半年が経っていたなんておれ自身が一番びっくりしている。海外にいったり実家に飯とか寄生さえすれば、意外と生きれるって豆知識です。心機一転つけ始めたブログの更新は毎度ワクワクがあったものの、やはりマメではなかった。そして、無…

自己分析の結晶

自己分析ってひょっとすると大事かもしれないって話です。あえて取り組んでた訳ではないのだけれど、自分について、最近分かったことをあげます 寝方がうつ伏せ 本当にサイコパスかもしれない 強めのオーラ また冗長に書いているので、興味と根気さえあれば…

杜子春

ちょっとだけ時計の針を戻して・・・先々週くらい。求活をしている身で、バリバリに久闊を叙して参りました! 後輩の送別会や同期の結婚式、とても楽しかった〜〜。みんな変わってなかったと言いたいところだけどある程度の歳ですし多感なお年頃というのはと…

働きたくないなあ②

3月、始まりの季節。ひとつのnaiteiを断ってしまった。 色々あった最近のせいで、思うように筆がすすまず春先山から風に乗ってやってきた花粉のせいで終日水鼻すすり続けて日が落ちて横になるとすぐ眠りに落ちてしまう。翌朝の地獄。特段何もなかったような…

働きたくないなあ①

Be strong ずっとおれに付き纏ってる、この何とも言えない感覚はなんでしょう。 つい先日、東京タワー周辺に行く機会があってそこいらの喫煙所でアイクォウス(ICONIQ)をプカプカしてたら、昼飯時のイマドキ会社員が同僚とランチに出てきましてね。仕事面倒く…

ながい長髪のかみ

Goodbye 率直に申し上げますと、私は、髪フェチである。割と重度と自覚してます。上手くことばに出来ないのだけれど、髪の綺麗な女性を見ると何かしらの感情が引き起こされてしまうことが間々ある。それは髪の先端にその方の過去、これまで生きてきた軌跡を…

去年

よくきいてたおんがく YouTubebotみたくなってるから昨年振り返るのとても楽でした。終盤にかけて緩やかに激動の年だったように思います。よく聴いてたのは、the1975/nirvana/hiatuskaiyote/mrchildren/tooverflowevidence/oliveoil/hitthelights/polyphia …

test

練習 誰に対してというわけでなくて、勿論アフィリエイトだとかそんな大袈裟な、山ほどのピーポー:大衆に向けてとかそんなことはしません。学生の頃から文章を読んだり書いたりするのが人並みに好きで、けど書かないと気が狂いそうになるとかそういうんでも…