おはよう

挨拶 CEO

去年

よくきいてたおんがく

これはぼくの呟きアカウントです。その時にちらって聞いてたりするYouTubeのリンクが基本で、極たまに思ってることを嘯いています。

上記ツイートからピックアップして語り

  • The1975:ふと思い出したように聴いたらまんまとはまる。シンプルでありがちなようだけど、美学が凝縮されたような作り込まれた音像が素敵、個人的には80's エモ、ポストロック感の香ばしみを感じる
  • Nirvana:超有名!昔からずっとすきで、特にカートを偲ぶようにきいてしまうお年頃なのでした。多くは語りません(語れ)
  • Hiatus Kaiyote:初めて聴いて驚き、しばらく聴いてても飽きず味がありますね。サチモス周辺とかそういう雰囲気系とは段違いの深みを感じる。表面サクサク中はモチモチ的な総合点高めバンドかと
  • Mr. Children:去年生まれて初めて聴いた。複雑な感情をうまく言語化していて、ドメジャーなのに意外に素直じゃないところに親近感。なじみますね
  • To overflow evidence:働きながらその行き帰りとかにクソほど聴いてた。日本人らしいけどやりすぎでないフック感が自分には程良くて大ヒット。直情的な詞は恐ろしいほどキラキラしてて、俗にいう応援ソングのよう。仲の良い連中とコピーしたり、生で観にいったり。そんな何やかんやもありつつ僕は年末に離職したのでした(後述)
  • oliveoilHiphopトラックやミニマルテクノをきいてたりして見つけてはまっていつのまにか音源買い揃えてしまった。革新的なものは無条件で最高であるし、このmixの感性やゆらぎ感にはちびる
  • Hit the lights:バックとメロの絡みの感じが自分の好みに合ってたのだとおもいます。新鮮に感じて年甲斐なくアガった。soraの解散ライブの幕間SEで流れてたこんな系のバンドをずっと探してるけどみつからない
  • polyphia:何でしょう。本当に思い当たる理由もなくなんども聞き直してしまうってのはすごいやchonもいいけど口ずさめるのはこっち
  • Massimo:完全にかくの忘れてましたが、再始動もあり、まじ流しっぱだったのはこちらです。日本っぽい奥ゆかしき、この辺の情緒の表現に優れまくりすぎてる

あっさりいくつもりが意外にまとまった文量に。清算の様子から自分のシュミみたいのも見えてきたのではないでしょうか。

去年は、前職で色々あったし将来も見据えて動こうと離職したりそのまま海外行ったり、ツイートでも書いた通り後半に畳み掛けてドタバタでした。自分のバンド活動が疎か、というか完全に中断してしまった年でした。ギターも全く弾いてない。それでも音楽は聴いてた、誰もが当たり前に聴くか。自分も寸分漏れず聴いていた、けれど、モノ買わないと聴き続けるのは何だかんだお古のいつものになりがちということにも気づきました。あとパソコン壊れてアイチュンズ更新してないんだ。色々まあ普通に生きていただけじゃ得られなかったパワーをもらえたのも、月並みですがおんがくのおかげだったのかもしれんとかおもいましたね。

新年明けてしばらく経ったいまに、改めて2017年たくさんきいた音楽を振り返ってみました

 

※ そもそもの、自分のすきな音楽っていうと、daïtroのような激情系と呼ばれるものになるでしょうか。大学時代に先輩から紹介されて以降、いいなぁと思うものは少なからずあれど、リピート率や総合点に於いてこのバンドを超えるものは未だ現れてないとおもいます。(2019年2月現在) 

Y

ほんとは教えたくないくらいなんだ