おはよう

挨拶 CEO

自己分析の結晶

自己分析ってひょっとすると大事かもしれないって話です。あえて取り組んでた訳ではないのだけれど、自分について、最近分かったことをあげます

  • 寝方がうつ伏せ
  • 本当にサイコパスかもしれない
  • 強めのオーラ

また冗長に書いているので、興味と根気さえあれば、知る必要のない私の生態がなんとなくわかる内容です

f:id:monj:20180417133106j:image

 

では、箇条書きでいきます

  • 寝方がうつ伏せ

半年から一年程前になるのか、睡眠の質の向上を図ろうと寝方が気になりだして枕を変えた。ソファーで横になるとすぐ眠りに落ちることから、頭の高さが少し高くてなるべく硬めの素材の枕を吟味して選んだ。それから首こりがひどくなってるのを薄々感じつつ、ちゃんとした確証もないしこだわって買った枕のつもりだったから使い続けていたのだけれど、首〜肩にかけての違和感が薄れることはなく増していく一方であった。

そしてつい先日、自分はうつ伏せ寝タイプであることが発覚。その経緯は、友人らからの証言によるもので、布団を全部奪われてケツに枕を乗せて寝ていたとか、朝やたら飛び跳ねて起きるとか、そういったもの。飛び跳ねて起きるのは、仰向けの体勢からではジャニーズでもない私には不可能であるし、枕の乗るケツとなれば必然的に上向きだ。おかしい、私は仰向けでないと寝付けない。寝付けないのだ。寝付けないはず・・・。だが、この考えをきっかけに思わぬ解決の糸口へと繋がる!

友人の証言を基にしても、仰向けに寝てうつ伏せ寝に切り替わってるだけなのではというのは推察できるが、今欲しいのは憶測ではない確固たる証拠。自分がうつ伏せ寝である決定的な証拠となったのはその「入眠の姿勢」であった。

私は必ず寝るときに、仰向けになり両足をクロスして両手をお尻の下に挟み込む。ホテルの夜勤フロントとして働いていた際、休憩時間により早く仮眠に在り付くために開発された手法だ。現在に至るまで意識的に行っていた。だがその実、これは合理的に体を持ち上げて捻りうつ伏せに効率よく移行させる技術だったのだ。おれは、おれの本能はそんなに早くにうつ伏せ寝に移行したがっていたのか・・・てゆーかなんで起きるときにうつ伏せになっていることを今の今まで気づかずにいたのか。恐らく私は入眠後まじですぐにうつ伏せ寝に移行しメイン中のメインでがっつりうつ伏せに寝てる感じなのだろう。枕検討の素材であったソファ案件は寝返りを打てない状況下のもので、極めて限定的なものであり仰向け寝と断定するには信憑性の欠けるものであった。

買った枕は、仰向け・横向き寝用の高反発素材の枕。首がこらないわけがない。危うくもう少しで千切れてしまうところだったのだ!現在の私は、枕を低反発の柔らかいものに切り替えて、専属のコーチの下での療養に専念している。首こり、肩こりも徐々に解消されてる模様。以前使用していた枕は猫のソファーとしての続投を支持されてます。

 

続いて、

はじめに、リンクを貼っておきます。http://www.psy-nd.info/ サイコパスが何たるか知らない方は参照に、知ってる方も簡単な読み物になってるので読んでみるだけでも楽しいです

それを踏まえてなんですが、これまで自分サイコパスキャラを演じていたところがありまして、それをまずはここに陳謝致します。偏にそれは理解が浅かったことだと思います。まーポイントは演じていたってとこなんですけど。

このことに気に留めたのはつい先日、彼女と本屋の前を通りかかり平積されているサイコパス云々の本を目にし二人で立ち読みしたことから始まります。以前より自分には、地元や高校の友人や前職場の同僚など周囲からサイコパスサイコパス言われる節があって、彼女もそれを気にかけて(てか事あるごとにサイコパス扱いされてるため)本を手に取ったわけ。自分がそう言われてる所以の詳細に関しては、もうすっかり忘れてしまったが、あのネットで有名になってるサイコパスはこう答えます!的な心理テストにその通り答えてしまったり、衝動的で突発的な行動からそう言われていたのかなあと思っている。性質が悪いのはここからで、自分はキャラクターとして「おいしい」と思ってその定義づけされた自分に安住してしまった。ググりもせず認識としては、一風変わっているくらいの、ちょっと特別で名誉ある身分かななんて思っていた。キャラクターがあるというのは会話の中で幾分か楽が出来る。話題に困ったときそれを振ったり蒸し返したりするだけで返事の妥当性に関わらず一笑いが生まれる。自分は、キャラクターとしてのサイコパスの恩恵をこれまで十分に享受してきたといえるだろう。たとえば自分は「怖ええ~」と言われたとしても、サイコパスのキャラクターを演じている自分として、薄ら寒いけれど「ハハハ」なんて返したりしていた。(自分もこの記事もそうなので正直居た堪れないんですけど、基本的に自分の事変わってますっていっちゃうやつは残念だなあって目でみてるし)

さて、何の気なしに立ち読みをしたぼくと彼女だったのだが、驚きはその内容、サイコパスにも共通した性格があり行動指針があるってこと。まじで新鮮な驚き。先に挙げたリンクのトップページにも書いてあって、内容を一見してそのとき立ち読みした本の内容とかなり重複する部分があったので、ちょっと読み進める上で参考にされたし。興味本位で、ワハハなんだこれとページをめくったはずが、彼女は本を読みながら「うわ、当たってる・・・」「えーー嘘!怖い」と引き込まれていく様子。想像していただきたい。怖いとかいわれるし、恥ずかしいし、とにかく何だかめちゃめちゃ居心地悪い。なにより恥ずかしかったのは、自分が演じているとおもっていたキャラクターの性格ズバリなとこに自分がいたことで、これは甘い蜜を吸っていたつもりが自分の種族を捕食する者の疑似餌に引っかかっている虫と大差ない。てか、嘘つきとかの項目で共感されると、なんだか切ないし、仕事の愚痴とかも言う間柄だから、自分の冷酷な面も一頻り見ているわけでその上での評価かと思うと、甘くほろ苦い(随所にFlavor of life) 的中率はほぼといったところか。確かにその本には、医師・看護師・介護士は最も不向きな職業との記載があり、一応元病院勤務の自分はああなるほどと思ったわけ。ちなみに向いている職業はCEO(業種じゃねーw)とのことで、周囲から起業をやたら勧められるのはこういったとこからなのでしょうか・・・

 これを気にしたぼくは、上記事項をまるっと、古くからの知己に相談する。事の顛末をすべて丁寧に聞き、彼らの下したアンサーは「そうだよ」「だから気をつけなよ」でした。ふ~む、なるほど。思いの外、症状は深刻化しているらしい、まるで自覚症状だけがなかったようだ。めっちゃあっさりライトな答えに拍子抜けしつつも、こんなにも何故と自分自身に問い質したいくらいに完全にいまや不安と焦燥感に駆られていたため、深く追及。彼らはぼくの知らないこわ~い一面をしっかり言葉にして教えてくれた。勿論上記リンクの項目も然りで、更に少しだけ列挙すると、

  • 面白くないと思った人に対しての対応が冷酷かつ残忍(残忍て何w)
  • マイペース(待つのが嫌いだからわざと到着時間から遅れて来る発想も怖いらしい?)
  • 発想が奇想天外すぎて引く。人が傷つくことを躊躇わず言う。自信過剰?良心の欠如?
  • 普通の人は嫌なことやむかつくことがあっても仕返ししてやろうとはなかなか思わない(確かにこれまで必ず何かしらの形で復讐してきた)
  • 合理主義すぎ(自分の利益目的に人を使う?!)
  • 泣くことなんてあるの?(あります)

 はあ・・言いにくいことも言ってくれたわ。サイコパス心理テストはとんち問題だと思って敢えて奇を衒った答えをしているだけだと弁明したけど、普通の人はそれすら思いつかないのだよと一刀両断されたのだった。あっ、思えば、この記事に一体何の得があるんだ・・・自己分析の末に自分のマイナスアピールをしすぎているような。深い洞穴の奥に幽閉されてしまうような・・・。だから!サイコパスを自称するのはやめといたほうがいいって内容です(?)お待たせしました!

自己分析も立証するのに役立つのは数多くのエビデンスであり、より科学的なものが必要だと思います。そんな中、友人がそういえばこれはどうなのってことで取り上げてきた、性格の16分類。https://www.16personalities.com/ja この分類となにか相関性はないかと。就活の時とかにやりましたよねこれ、自分の性格分析したことない人は試してみてください。時間かかるけど、まあ結構おもしろい。自分はこういうのけっこうすきなんですよねー。何年か前に彼女とやった時に、“討論者(ENTP)”との結果が出ました。この内容がなかなかのくそっぷりでアイコンも悪そうな顔の奴だったからゲラゲラ笑った記憶がありました。

f:id:monj:20180417124759p:plain

確かに当てはまってるんだよなあ。といっても友人がその時の精神状態で結果は変わってきたりするとかいうので、彼とその場で改めてやってみました。ぼくの結果はENTPで変わらず。ENTPの割合は3%とかで下手するとサイコパスの割合より少ないんじゃね?とか彼が言ってた、気がする(調べてもない)。彼も以前やった結果と同じで、人の性格はそう簡単には変わらないのかもねえという大人びた結論に至ったわけです。しばしの沈黙を破ったのは友人の「あっ・・・」という声、そして検索をしていたクソスマホの画面を共有。

f:id:monj:20180417130322p:image

チェック・・メイト・・・! ソースは確か2ちゃんとかだったから引用元もよくわからないのだけれど、横軸が個人間に作用するサイコパス度で、縦軸が社会的に逸脱するサイコパス度、とのことらしい。若干ひえ~~~ってなった。ま、またひとつの証拠が出てきてしまったね、なんて白々しい会話をした。余談&蛇足になるけれども、うちの親父はアスペのきらいがあって、サイコパスは遺伝が6割と結構な確率ともいわれているから脳みそ的にどうなんだろうとか。あと文章、末尾の形や一人称のばらばらさなど気になるとこは本当にいっぱいある。まあまあ項目満たしているような感じがするし、本当に自覚症状がいままでなかっただけに、自分の無意識な行いやそういうので離れていった人もいたんだとしたら悲しいなと思ったりしました。反省反省。さあ皆さんぼくはサイコパスだからハイ許してね、とかそう言うことではなく、人の尊厳、ましてやその身体などを傷つける行為はそもそも決して許されるものではないし、意識をすることによってそういったところをこれから変えていくことはきっとできると信じています。最終的にですけど、こういった些細なことでさえ自分を知るきっかけには成り得るんだなあというのは本当に、感心しました。ただ!深く考えることは誤解も生みがちで、結局先入観から欲しい情報だけを集めてってしまいますね。その性格へと導かれていってしまう。そのジレンマもあって、この項目は、ちょっと娯楽的に偏った証拠を集めて自己分析を装ったパロディだと、まだこころのどこかでぼくは思っています 本当にサイコパスかもしれないと自称をしてるけれど、あくまで、自分はサイコパスではないと思ってますからね

それはそうと、一番はじめの「サイコパスとは何か」ってサイトを見て何を思いましたか?無料のサイトでリンクフリーだし見やすいし面白かったんだけど、被害者の方が書いているのか過激かつ恣意的だなあってぼくは思いました。あれでは、ただ偶然サイコパスの性質に似通ってる人まで疑って、付き合うな、と強く推奨しているようで、アンタ少し狂ってるよって感じ。ああいう本やサイトを見た人の頭に、自分の顔が浮かばないことを祈るばかりだ!!!

ではでは今後も皆さん、どうぞよろしくお願いします。一味違ったサイコパスENTP的意見が欲しいときには相談してください(ビジネス)

 

 

最後の項目、

  • 強めのオーラ

先日、大阪に行ったときに芸能人に間違えられた!そっくりさんとかではなく 、おれそのもののオーラを褒められたよ!!!すごくうれしかったので、なんだこれ、自己分析とは違うのに発表してしまったけれど、基本的に偏屈なので、大阪人の人懐っこさゆえの会話を始める手法の一つなのだなと納得することにします。

 

以上