おはよう

挨拶 CEO

働きたくないなあ④

記事ごと消えちゃった・・・お風呂についてではなく、社会投企した身として「実存主義」について、長らくひたすら、珍しくPCから書いていたのに・・

職場の人と映画観に行ったら見事に終電を逃して大宮から徒歩で帰っているとこ。到着は5時頃を予定しております。

f:id:monj:20180602045305j:plain

記事消えたとかそれくらいでぼくの瑣末なモチベーションがポッキリ折れてしまったので(それでも寂しがり屋な自分(しかもこいつツイッターYouTubeボットとして利用しときながら呟きたいときは何故か英語という謎の制限を課し始めた)の欲求を満たす程度の少量ボリュームの)ドンシャリサウンドでお届けしたいと思う。

 

最近の生活

職場が私服なんだけど、仕事着一種類しか着てってない。同じシャツとズボンを何本か持つだけで簡単に実現できた。まじで叶えやすい浪漫。特定を避けるため詳細は控えさせていただくがいいかんじにラフな格好であると自負している。スティーブジョブスかぶれみたくなってるか、不潔か、人からすると印象はほぼその二択だろう。でも精神衛生すこぶるいいんだなこれが。科学的根拠はまるでないけどね!とにかく楽、服選びに関して全くストレスがない、朝余裕ができる、通勤時の気分のフラットさがまじやべえです。難点は、休日の私服のセンスがドギツク壊滅的にスパークすることくらいでしょう。逆に休日の特別感のベアが確実に期待できます。高校が私服だった自分は面倒を嫌い、当時から制服着てってたから抵抗がないのかな。んん、てかさ結局アラサーって何着ればいいかわかんないわけよ、大人の階段をどう登るかわからないわけ、そんな中で人にどう思われたいとかもないし、ましてや服や外見でよ、毎日毎日気に掛けるのなんてただただ辛いじゃない、苦行よ、タイで買った両面にやったらリアルな虎が書いてある黒シャツ職場に着てったら浮くじゃん、電車でもまぁ浮くからね、そんな修羅の道を胸張って歩いてけるのか、そう自問自答した一人の男の汗と涙とカウパーの結晶でもある。積極的な逃げだ。逃げるは恥だが、役に立つ。おしゃれなひとって永遠に年取らないでその輝かしいアイコンのままで末代まで冷凍保存されていてほしい、すこし参考にさせてもらうから。

f:id:monj:20180602045406j:plain

自ら進んでミニマリストを称する人たちを生理的に無理だわ〜〜って思ってしまうところがある。そういうところでも紹介されていた、小さい財布をこのまえから使っているんだけど、これはすごい捗りますね。前ポケットに入れていても気にならないくらい!難点が札が三つ折りになることとアマゾンとかでも言われていたけど、自分は自販機でキックバック食らったことないし、最近は店頭で出す際にも申し訳なさをあまり感じなくなった。これは面の皮が厚いっていうのか?初めの頃は、あっなんかすんません的なオーラ出してた(すこし口走ってた)けど、やっぱそんなに気にしてる店員がいないなあって感じたというのが事実。ま、店のお金だし、それが次の人に回るだけだし、自分の体裁気にして三つ折りのお札をお釣りとして渡すのはっていうのは結局そいつのエゴと見栄だし、それなら別のお札返せばいいだけだし、お金として機能するならそれ以上のことをおれ側で気にする必要はないのかなと。そういうもやもやすら上回って、これは携帯性やら利便性には優れている!

小さい財布 abrAsus(アブラサス)キャメル

それと、日本でも外国人の同僚や友達ができて、ぼくの英語はほんとうにくそすぎるんだけどいろいろ教えてもらったりしている、これはほんとうに本当に有意義だと感じている。てゆうかああいう親切心ってなんなのだろうってまじで思うよ。(おれも日本語を教えたい、日本のカルチャーにすこしでも興味がある人に・・・、ていうおれの壮大な夢に関してはさらっと触れるだけにしておきますね)

ただ、かきたくなったから追記しました。

 

そして向かう先

 Killieがアツイとか、巷では賑わっているみたいですね。千円の過去再録編集盤がチャート入りしたとかしてないとか。今ちまたを騒がせているkillieってバンドは何者??(NAVERまとめ) | Twitterで話題のまとめ こんなバンドみたい、おれは後輩にあげた。古参ぶるわけじゃあな、、ぶるわけなんだけど、もう何かじぶん大学当時から痛いの代名詞だったあのバンドが、おれが高校の時近くのライブハウスでやってたバンドがこんなにいま・・・キテるのかあ。海外のかっこいいバンドを招聘したり、知れるきっかけになったし、実際音楽性も好きなんだけどね、哲学やスタンスやファンに至るまで、恥ずかしいが勝つというか・・それも狙ってます的な浅ましさというか・・・これは完全に趣味嗜好の問題なのでそっとしておくべきで、しておいてください。上のリンクを読んでいて、そのチャート入りの話とか、日本の音楽シーンが変わる!とかいう人がいて、ああああああ~ そう思わせるバンドってやっぱなんかすげえのでは?と素直に感心してしまったのである。アメリカや、EU諸国ではメタルなんかも大衆受けふつうにしていて、ヒットチャートに上ったり、おれ個人的にはそういう音楽シーンのほうが活気があるし、盛り上がってていいなあなんて思いがある。日本をどうにかできるポテンシャルやバイタリティ、かっこいいよアンタら・・・・・・

ところで、おれは労働との対価に、確固たる自由を得た。枠組みを得たことで、これまで漫然と存在してただ流れていただけの時間に意味ができた。メリ&ハリってやつなのか。これって本当に不思議なことなんだけど 

goodmoni.hateblo.jp

 無職の時には触れもしなかったギターとかひいたりするし、一度カラオケに行ったらもういちど行きたくなるし、詩とかも書きたくなるし、ああこんな夜はスタジオにでも入りたいぜえとかおもったりすんだよね。久しぶりに会った先輩や後輩と話すと余計に昔を思い出したりさ。B'zやミスチルスピッツ、達郎を繰り返し繰り返し聞いていた。カーリーレイジェプセンやブルーノマーズもしょっちゅう聞いてた。ポップスに染まってる感はすごくある。この勢いでしか言えない突拍子もないことだけれど、いまおれさ・・・Killieの一歩先を行く

f:id:monj:20180602045731j:plain 大衆受けHCやりたいんだ。すげえポップな。音楽的に売れ線なやつ。(3ピースでミニマルな感じのi am robot and proud的な中で叫ぶのやりたいとはずっと指向してたけど) それこそ日本の音楽シーンに一石投じられそうな。先にヒットチャート潤わす目標の。40のおじさんたちがあんなことやっちゃってるのに背中押されたってのもあるけど何かを始めるのに遅いも何もない そんな気がしていて

f:id:monj:20180602045442j:plain

曲提供してほしいなとやる気満々マンの心拍数は迸る程いい調子に推移してる一方で演奏技術とかそういうのは既に死後硬直してから暫く経っているアンフォーチュナリーな感じ。みなぎってますよね、この歳なら。女の子なら、誰しも(?!)

家着きそう

 やはり持続的なモチベーションの維持はブロガーの必須要件だと思う、っていうのは、おれは果たしてこんなことが書きたかったのか謎だし、初期衝動的にただ夜の街を歩きながら暗がりで英単語帳を開けないことを言い訳に、最終的に思い描いていたような合格最低点をあげれるほどの書きたいことを毛ほども書いてないからだ。歩き疲れていま痛い、ただの右足首になった体