おはよう

挨拶 CEO

天徳湯

江戸前風呂とラドン浴に時間は消し飛ばされて

眼鏡の修理に都内まで出て、そのついでに埼玉銭湯。今回の場所は与野駅前。新都心からも徒歩圏内なので、ライブや買い物ついでに寄ってもいいかもしれない。訪浴07/14/2018

f:id:monj:20180716095137j:image

スーパー銭湯というのは今やsupermarketのようにsupersentoと一語化していて、サウナや露天は当たり前のようにあり確かにこれまであった銭湯に比べてスーパーなわけであるがそれによって均一化しつつある心象である。少ない選択肢から選べば選ぶほど特徴は尖って突き刺さる。この銭湯は、かねてからスチームサウナ、高温サウナの設備を持ち(有料)、無料で入れるラドン温泉がある!

f:id:monj:20180716095204j:image

与野駅から歩いてスグ、低い建物の間に伸びる煙突が目に入る。近づいてみるとなかなか大きな古い建物だ!良き銭湯!脇には多くの薪が目に入る。はわわ、銭湯きた実感が沸騰しながら沸いてくる

f:id:monj:20180721000054j:image

フロント式、愛想のいいおばちゃんに鍵の貸し出しについて訊かれる。???となるが、どうやら標準設備はダイヤル式のロッカーだそうだ。脱衣所は広く、既に入り終えたおじいちゃんたち数人が半裸で語り合っている。休日の早い時間、浴室の中も6〜7割くらい?ちょっと盛りすぎか、でもなかなかの入りで混雑していた!これは駅の近さが理由か。なんか手首に鍵がないって、開放感あるけどなんか心もとない感じ・・・

さて、浴場であるが、入るとパステルカラーが全体的に広がっていて鏡もまん丸、ファンシーな印象。それに相反し、お湯はゴリゴリに熱い!これは期待できるぞと舌なめずりしながら体を花王ホワイトでいそいそと洗い流し、入水。熱い!!埼玉銭湯巡りを初めてから最もと言っていいのではないだろうかてくらい熱い、てやんでいと小さな江戸っ子たちの声がバイブラの泡とともに弾ける。裏にすごい薪あったけどサービスして焚きまくってるのか今日?入り慣れてる常連と思しき方も腰まで着水したのちしばらく微動だにせず、その後ゆっくり身をかがめる。これはキングクリムゾンなのか?!完全に時空が飛ばされてる。自分もしばらく浸かるもわっと出て、水位のとこまで肌が赤くなっているのを確認する。燕湯クラス・・かな・・・、涼しい顔をして全身シャワーで水浴びをする。先ほども触れたよう見ものはラドン温泉!である。あいにくサウナ等の追加料金を支払っていなかったのでこれを楽しみにしていた。見た目はガラスケースに囲われてる感じ、ゆなんとなく分かる?ラドン温泉とは…ラドン温泉って何? − 温泉大辞典 − BIGLOBE温泉

自分もよくわからないんだけど、室内に掲げてある注意書きや効能を見るに、一回の目安が5〜10分間とある。カラカラと透明のドアを開け、サービスして15分くらい入ってみた。お湯はぬるい、サウナというより温室という感じで室温も暑くはなくポカポカくらい。いやね、出たらフワと立ちくらみしたよ!何なのこれ! 最近の暑さのせいもあるけど! 水ブロに直行してしばらく浸かって、再戦。あまり入れずまたクラときたもんだ。完全に弱ってるな自分。てか今思い返して見ると、サウナみたいにセット数キメるものじゃないのかもしれないなアレ。鏡で見ると若干顔が薄らピンク紫色していたので、水ブロで蕩けることを決意。まあこんな気持ちええこともないのだけど・・・

ちょっと舐めちゃいけないラドン。皆さんも気をつけて!でも入り心地もいい感じだったから複雑だなあと。うまい入り方を知りたい

f:id:monj:20180720230906j:image

入り口にあるラドンマシン(謎すぎ)

 

なんかボリュームに欠けますが、時間が空いてしまったということもあり、今回のレビューはこれくらいにします。決して飽きが来たというわけでは・・・決して足の親指の付け根のところにイボっぽいものができて原因不明だからって銭湯巡りに怯んだわけでは・・・決して夏になったから浮き足立ってクーラーで冷えたお肉に触れたくてぽっちゃり風俗に行きたがっているわけでは・・・断じてありません(信じて!)

 

まとめ

f:id:monj:20180720235256j:image

天徳湯

埼玉県さいたま市浦和区上木崎2-1-12

与野駅から徒歩五分もしないほど

営業時間:15:30~21:30 定休日:火曜

 

あとひと月は暑い日が続きますので、水分補給はしっかりしてください!お茶は利尿作用があるから余計に干からびるらしいすよ。この歳になると塩分まじ大事、ポカリとかじゃなきゃだめだ