おはよう

挨拶 CEO

ひのひかり〜そして宗教

五月!暑くなってきた!日も長くなってきた!気持ちも自然と明るくなる! 人間は生涯の10%程しか屋外にいないと何かでよんで、寂しい気持ちになった 在宅のせいでその値にすら届かなくなっちまうのではないかなお淋しく、危惧してるのだけれど せめて充実の8…

或る話 2021年新装版

一時期の熱量はどこへ行ったのか、ほおってましたがまた戻ってきました。ブログつけてる男はキモいですか、むしろキモかわいいですかね それ最高の褒め言葉! Clouds over my headというかMy head in the cloudsというか、今回はそんな話でお送りします 歳を…

くだらない話

めっちゃ くだらない話します 自分も、一介の人間だものでまー色々あって、 精液検査をしたのです その結果ですけど、ぼくはあけすけに言うのです 気持ち悪いと思う人は 見なければいいのですけれど 空気砲を打つほどに狂乱した男子校時代や好奇心探究のオナ…

続・或る話 令和激闘編〜その終焉〜

シンギュラリティは2045年と考えられていて、残すところ凡そ20年余しかない。ガソリン車も10年後には無くなっている未来???高校の頃ガラケーが当たり前だったこと、現代の子はメールと言わずにLINEするってのが当たり前になっていることを鑑みるに凄い勢…

或る話 令和激闘編

何にせよ、不自由な心持ちである。 人間は生まれ落ちた時から自由の身だというのに、何にも縛られずに生きていけるのに、縛られてると感じていても、それでも自由の延長線上に座しているのに。歳をとるということはただそれだけでこうも人の行動意欲を奪い去…

Tobacco概論

概論とかいいつつ概論っちゅうわけじゃあないんだよねえ!!!!!!ざまあ!!! <あらすじ> ブラックフライデーの波に乗り、在宅環境を良くしようとPCスタンドとキーボードを購入してそれが届いて、これまでノーパソでうつのになれまくってたから練習、…

酔ってるので

少なからず見てる人がいるのだと。この更新もされないブログを 倒置法ウゼー ある種の使命感が芽生えるよ かくにんもしてなかったくせに、漂ってるだけ ただ酔ってるだけ 最近の私の近況はこちらで伺えるはずです 映画:https://filmarks.com/users/chanmoni…

根岸浴泉

あびるいずみととのう 暑さも落ち着いてきて、というかくそ涼しい。寒暖差えぐいわ。涼しいと大気が美味しくて胸いっぱい吸い込みたくなるから銭湯に行った後に出るため息(幸せの吐息)かまして煙草に慣れた肺にきれいな空気を取り入れて循環濾過 少しは喜…

冨美の湯

バブリー重低音に旅愁 下書きに入りっぱなしだったので懐かしく思いつつまた自身の温度差に引きつつ、文章の比重・後半の軽さを反省しつつまんま投稿! 最寄り駅のない場所に位置する銭湯が県内にはままある。京浜東北線南浦和駅から歩いて30分以上、昼の外…

平成の延長戦

令和の実感もないままに綴るこんなものに、大した価値はない。 生活の記録 2019/06/16 梅雨の合間の晴れ空で新代田FEVER、念願の最高マッシモである。皆は知らないかもしれないけども自分はこう見えて音楽聴くのが好きだ。massimo、このバンドを知ったのは学…

中町一の湯

軟水で徹底的に潤うエモみの湯 やはり銭湯はいつでも最高である。ようやく梅雨も晴れ?生ぬるく気だるい暑さの夜もパリッと潤う。 更新しない間にぼくは入籍をし式の準備だったりと日々目まぐるしく各方面報告もできてなくすんません。今日は家内(ってずっ…

健晃湯

健が晃するユートピア~そのとき俺はトゥーンタウンを思い出していたんだ~ 戸田シティ。優秀なレベルの銭湯が軒を連ねる魅惑のラインであり、埼京線に縁遠い住まいであるために池袋や新宿に遊びに行った帰りについ足を伸ばしてしまう。今日も今日とて行ってき…

クラブ湯

世界で一番飛べるディーンフジオカ以外のダブステップ クラブで想起するには浅はかすぎたか。てゆーかダブステってクラブで流れんすかね。恥ずかしながら自分の数少ないクラブ経験は、深夜企画で自分のバンド演奏したのとフィリピンのプリミティブなビーツを…

戸田の湯

充実の地元銭湯、カルシウム泉製造機現る! 先日の露天で体を冷やしたためか翌日は悪寒と反抗期を迎え、一眠りすると体調が回復したので新宿へとお散歩に繰り出す。学生時代から東京東側で遊ぶ癖が抜けず未だに新宿は慣れない。人の多さに酔い痴れてしまい滞…

ふくの湯

1日チル可リゾートスパの日本的解釈ここに極まれり 川口元郷いってきました、ここは埼玉高速鉄道沿線で仕事帰りにいくにはなかなかアクセスの便が悪いのに銭湯がひしめきあっているところでそこはさすが川口ってとこなんだけど、いつかいく日を楽しみにして…

亀の湯

a.k.a 竜宮城 桃栗三年亀万年とは言いますが(柿八年だろー! て突っ込むのがコロコロコミックの鉄板だった平成も終わろうとしているsome day…) まだまだ駅近にあるものですね、今宵は蕨は亀の湯に行ってまいりました。訪浴:3/12/2019 大きくてレトロ素敵な…

朝日湯

経年劣化、それはCOMMUOVERE イタリア語で「涙ぐむような物語にふれたとき、感動して胸が熱くなる」ことを表すらしいんですけど。今宵も(いうても夕方くらい)素晴らしき銭湯に行ってきた。訪浴:2/23/2019 魔都市熊谷。ここはおれが青き日々を過ごし、人格…

或る話iii

おはよう 書きたいことがあるときになんか書けなくて、記憶は風化してしまうな 一期一会のハローグッバイだ じぶん 画鋲のような形状になって、突き刺さって、そのままで、まるごと雨風に曝されて saraçaと地面を繋ぎ止めたまま 錆びたい 思想も残らなくて …

雛の湯

One お湯 On You 今年一発目行ってみよう! 訪浴2/3/2019 この日伺ったのは、岩槻市にあります雛の湯。毎度言っていて申し訳なくなる語彙力なのだが、最強に極限に無駄を削ぎ落としたシンプルな潔銭湯(いさぎよせんとう)。 看板もなく産業道路の前に位置し…

あけましておはよう

ございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さむいね 鹿島湯2 新年一発目からとうとう禁忌としていた二回目を書き始めてしまう勢い。 いいえ、それはしません。今日の鹿島湯の薬湯はサクラでした。以上! 新居。自分は住み始めましたが、彼女は三…

或る話 2018

あゝ今年も 年の瀬って唐突に襲いかかってくるものだと。去年の今頃は身も心もフィリピンと融け合い始めた頃合いだというのに幾許して帰国して就職してそつなく日々を過ごしてくうちに、たった一年でここまで忘れられるかってほどに心のフックは腐って剥がれ…

さくら湯

極北の極上ぬる湯 世界には(とりわけここ日本には)多くの者を妙してやまないカンファタボォな場所(いわゆるプレイス)がある。 それがOFURO こんな調子でやっていたかは心許ないけれど、埼玉のそれに浸かってきたので今宵もまたご紹介しよう。訪浴2018/11…

或る話ii

お久方ぶりでございます。 文章書き溜めたりしてるんですが、発表することに躊躇したりで更新滞ってすみません。気にかけて開いたりしてくれている方がいるとしたらそんなに嬉しいことはないです。有難う。それらは溜めたままに、ふと今日思ったこと、衝動的…

或る話

銭湯に行けてない。その理由といえば家路途中の駅近銭湯に行き尽してしまったこと、終わる時間が早いことに尽きるのだけれど、いつの間にやらぼくは銭湯記事を適度に書かなければいけないという強迫観念に縛られて記事を更新出来ない体になってしまっていた…

たったこれだけ!記憶力を上げ、英語が話せるようになり、人見知りを克服し、社会的に成功したけど、人糞踏んじゃったひと・5選

SEO対策バッチリのクソタイトルですね。 ごっついスキルが会得できそうな甘い文句のタイトルが目を引きますが、紹介してるのはただの人糞を踏んでしまったひとです! それでは行ってみましょう! 一人目・アイフォンマスター 秀夫 新しいもの好きの秀夫は社…

見晴湯

アツいぞ!灼熱地帯に沸き立つマグマ ご無沙汰してます。久しぶりの銭湯記事、今回もあっさりになってしまいますがどうぞよろしくお願いいたします。訪浴2018/09/30 沖縄民も恐怖したというゴリッゴリの台風チャーミーが近づいているという日に、友人の車で…

ニュー松の湯

これぞネオ公衆浴場!露天あっと住宅街 ちょっとネーミングが雑ですみません、いきなり話は逸れますが生活に新習慣を組み込んだもので埼玉の公衆浴場巡りの頻度が落ちそうで、スーパー銭湯や遠征、過去レビュー銭湯を再訪したりとうまいこと禁断症状に陥らぬ…

鹿島湯

静けさの中に灯る最大火力のともし火銭湯 日がな一日とても涼しかった。個人的にすごく精神的につかれた1週間だったので、これは神様のくれた週末のご褒美かと感じた。カラッとした陽気に、呼吸をむつかしくする風、欠けた月にかかる雲、肌寒いくらいの夜に…

本当にあった平成の怖い話

梅雨が明けるのも早くて連日猛暑が続いていたと思いきや最近意外に暑くないなーもしかしてもう山場超えた?平成最後の夏ももう終わってしまう??と思ったので、平成生まれの僕が体験した間違いなく平成に起きた怖い話を今のうちに話しておこうと思います。…

みたけ湯

潔く粋で、赤外線照射の湯 銭湯、そしていま、肌、プリプリ。なんでだ? 訪浴08/03/2018 京浜東北線の終点にもなってしまう南浦和駅を下車し徒歩10分程度、もう少しかかるかもしれない。たぶん栄えていない口の方で、想像以上にかなりひっそりとした駅前、そ…